前へ
次へ

身近な医療の現実を知る必要性がある

時折、全国のニュースで、救急車が出動したものの、その後患者さんを乗せたまま複数の病院をたらいまわしにされ、病院への搬送までに長時間を要したために患者さんが死亡するといった内容が報道されていました。
なぜ、市や町村の消防局や組合が直面した現実が、全国のニュースで報道されるのでしょうかそれは、全国で同様の問題が発生しており、早期に改善が求められているからです。
急病人や怪我人を乗せた救急車が、目的の病院に受入れを要請しても、満床や医師の不在を理由に断られ、次々と病院をたらいまわしにされる現実がありました。
例えば、目的の病院へ向かって出発した後や、到着後に受け入れてもらえなかった場合、次の病院へは更に遠かったり、今来た道を戻ったり、また乗せた場所を挟んで反対方向だったりすることがあります。
そんな時、病院への搬送時間が命に関わる場面が少なからず出てくることになります。
そのため、現在では救急車に患者さんを乗せるものの、受入れ先の病院が決まるまで出発をせず、中で応急手当をしながら待機する場面が多く見られるようになりました。
そうした方が、結果的に早く病院へ搬送できることはわかっていますが、傍から見ている人にとっては、なぜ直ぐに出発しないのか、疑問に思うところです。
そんな時間のロスも無くなるように、地域医療体制の再構築を望みます。

Page Top